いづみ屋

福島県福島市に住んでいる普通の会社員の日記です。 趣味の音楽などの創作活動や仕事の事などを書いています。

2014年10月

電子ドラムとか

三連休もあっという間に終わります。

我が家は一戸建てになるのですが、完成したらまた
やりたい事がありまして、これです。
_SL160_


簡易的な防音対策は必要です。特に足ですが。

ドラムは昔習いに行ってた事もありまして、前から凄く興味があったのですが、実家を出るとき電子ドラムは処分してしまいそれっきりです。

レッスンのほうは結局半年くらいで辞めてしまったし、あんまり上達しなかったのですが、そこはグループレッスンでワタクシは一応バンド経験者ですから、他の生徒さんとは徐々に習得するペースが合わなくもなりまして、ただ本物のプロの先生の上手いドラムを常に聞いてますから、そこは良かったと思います。

電子ドラムを使うと上達しない。むしろ上達の妨げにすらなる。というのは良く聞く話で、デジタル機材を目の敵にしているようなドラマーさんは多いように思います。アマチュアに限った経験ではありますが…そんなものでは俺の魂が伝わらない的な事で。

結論から言うと、そんな事はありません。たしかにゴムパットは感触が全然違いますし、電子ドラムはとりあえず当たればバッチリ綺麗に音が鳴りますが、生だとそうもいきません。

だけど趣味として他のメンバーや聞いている人に不快感を与えない程度の演奏技術なら電子ドラムで充分身に付きます。

音そのものの深みとかグルーヴがどうこう以前に、アマチュアのドラマーはリズムキープが怪しかったり。走ったりもたったりした分は上物のボーカルや楽器隊が合わせるから成り立っているわけで…どんなに派手にオカズ叩けてもリズムキープに気を使わないばかりか、これが俺のスタイルだから。って言われたらしょうがないんですけどね。

電子ドラムって、ドラムをやりたい人にとって色々と恩恵を与えてくれるもので、可能性もたくさんあると思いますが、それでもやっぱりドラマーさんは電子ドラム嫌いなんでしょうかね。




マイホーム

今日は三連休の中日ですが、先月働きすぎなのと病み上がりなのもあって遠出はせず近場でダラダラしました。

今日はマイホームの建築をお願いしている郡山の老舗工務店、村越住建さんの[博士の家]の完成見学会にお邪魔してきました。
http://murakoshi-juken.co.jp/

無垢材で作られた豪華でウッディな質感が素晴らしいお宅でした。もちろんお値段それなりになっちゃうわけですが…

うちでお願いしているのは北州さんの企画住宅、
[美しい小さな家]です。

440-kitakami


担当の橋本さんはレスポンスも早く、親身になって提案してくれます。住宅ローンは普通じゃない金額ですから、信頼できる方に担当してもらえるというのも決め手として重要です。

もちろん、[美しい小さな家]も素晴らしいお家です。自分以上に嫁がビビっときて大のお気に入りの我が家ですが、小さめながらも内外装のデザイン、質感が高く、大空間の吹き抜けLDKや縁側風ウッドデッキ、床暖房、ちょっとグレードの高い対面システムキッチンに全面タイル、洋瓦の重厚感ある仕上げに広い駐車場と庭もあり、完成が今から楽しみです。
職場や南福島の主要商業施設にも近く地盤も良好で改良の必要がありませんでした。今から完成が楽しみです。

http://www.utukushii-chiisanaie.com/

地鎮祭

とうとうマイホームを買ってしまいましたが、この間は地鎮祭をやりました。
DSC_0092


パンチパーマの陰陽師?みたいな神主さんがきて、有り難そうな呪文?を唱えたり、スコップでエイエイヤーとやったり、何処からともなく微かに聞こえてくる雅楽らしき音楽。端からみるとシュールです。コント!!地鎮祭!!とか出来そう。

妻などは泣きそうになったとか。なんで女子ってのはすぐに雰囲気に流されるのか。などと憎まれ口を叩きつつ、実は自分もぐっと込み上げるものはあったりしてます。

仕事のほうはここ最近ずっと休日出勤と残業が続いてまして、さらに風邪をひいてしまったのですが、なんと無事納品でき、1日お休みも頂きました。

バンドのほうはキーボード担当のピアノの先生がお仕事の都合で練習出られないため、12月まで活動停止(自主練)との事ですが、活動がマンネリ化しているとの声もあり、前回定禅寺ジャズフェスに出れなかったのが残念過ぎたのか、とにかくライブやりたいという流れになりつつあります。そんなわけで、12月までそれぞれ我がバンドが出れるライブイベントを探すって事になったわけですが…

実はワタクシ、今のバンドでライブやりたいとかまったく思っておらず、定禅寺フェスは不特定多数に見られる誰でもお金払えば出れるわけではないイベントだから価値があるわけで、何でもいいからライブやりたい。身内呼べばいいじゃん。とか言う思想には共感できない理由がありまして…

バンド活動へのモチベーションと自己表現、悪く言えば自己顕示欲ってのはなかなか切り離せないものでして、さてどうしたもんかといった所です。


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ