いづみ屋

福島県福島市に住んでいる普通の会社員の日記です。 趣味の音楽などの創作活動や仕事の事などを書いています。

2015年06月

近況

新居での生活もだいぶ落ち着いてきた頃なんですが、最近嫁さんが炎症性炎症性粉瘤という謎の病気になってしまいまして、とりあえず命に関わる事ではないんですが色々大変でした。

アルコールもカフェイン含む刺激物もダメとの事で、毎週末の飲酒もしばらくお休みです。

今年は我が親父の定年、身内、同僚の出産ラッシュ、新居の完成、嫁さんの正社員登用試験の合格、そして来月は同僚の結婚式もあり、とにかく慶事続きで良いことばかりですが、たまには悪い事もないとバランス的に良くないと思いまして、命に関わるような重大な病気でなければ不幸中の幸いかなと思う事にします。


野良猫と老夫婦

新居が出来て1ヶ月。だいぶ落ち着いて来ました。

嫁さんがついに正社員になって、親戚に赤ちゃんが産まれたりと色々おめでたい事が続いたのですが、最近少し困った事がありまして…

我が両親が野良猫に餌をやりはじめてたみたいで、その猫が実家に居着くようになったのですが、何処かで妊娠してきて、

image


産まれちゃいました。
このままでは実家が猫屋敷になってしまう!
とのことで、どうしよう!と泣きついてきたわけで、まったく困った親です。

かわいい子猫が5匹。
保健所に連れてって殺処分というのはかわいそうですが、共働き夫婦である我が家では飼えませんし、里親探しだってこのご時世、そう簡単でもないわけで…

親には、野良猫に餌やりは今後一切禁止と約束させて、親猫だけは不妊治療受けさせて実家で責任をもって飼うということにさせましたが、子猫達は里親が見つからなければ保健所に連れていく事にしました。

生き物を育てる。

子供を育てるのもそうですが、そこには責任があります。手間もかかるしお金もかかる。

かわいいから。
かわいそうだから。

そう思って餌をやる。そこにあるのは優しさなのか、それとも愛情の対象に必要とされていると思いたい自分勝手な偽善なのか…

本当の優しさとは、責任が伴って初めてできる事と思います。私は人間でも動物でも無責任な偽善を振り撒く思慮の浅い人間が大嫌いです。

幸い私の両親は親父も定年となり母も専業主婦、金はないが猫の世話をする時間はありそうです。

愚かな両親ですが私にとってはそれでも親。老い先短い余生を猫を生き甲斐に静かに暮らしてもらいたいものです。

これも親孝行と思えば安上がりとも言えます。

※里親さん募集してます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ