いづみ屋

福島県福島市に住んでいる普通の会社員の日記です。 趣味の音楽などの創作活動や仕事の事などを書いています。

自己紹介

夏休みの友

今週から一週間お盆休みとなりました。
一週間という結構長い休みの内、旅行に行くのと一回くらい実家に顔を出そうかなという事くらいしか特別予定を入れてはいないんだけど、ここ最近色々慌ただしくて疲れてもいたので、ゆっくりしようかなとも思います。

仕事の疲れはすっかり取れて、結構元気になりました。創作意欲というのも自然と湧いてくるはずなんだけど、そもそも、創作する上でのやる気というか、自分の人生における創作を続けることへの意味づけというか、なんか難しい話になるんだけど、要はやる気をどうやって回復して、かつ今後も持続するにはどうしたらいいかなんて事を考えていたりします。

オリジナル曲を何曲か作って、活動していくうちに、才能とは何か?なんていう壮大な悩みを抱えるようになりました。才能ってなんでしょう?僕は自分の中で創作をするときの元ネタをどのくらい持っているかっていうことを、才能だと思っていて、沢山曲を作れる人、良い曲を作れる人、独創性に富んだオリジナル曲を作れる人というのは、やっぱり沢山音楽を聞いているし、聞いている音楽のジャンルも広いです。

音楽に限らず、漫画や小説といった世界での創作においても、その道を極めた人というのは作家であると同時にそれ自体が好きで好きでどうしようもなく、沢山知っている人だと思います。

膨大なストックの中から必要な要素を組み合わせ、オリジナルに再編集する。そのテクニックというのは結構誰でも出来て、作曲のしかた、作詞のしかたなんてのはいくらでも探せば教えてくれるし、その点においては自分ですらある程度完成していると感じる部分もあって、教えることだってできます。

でも、アイデアや発想そのものは誰にも教える事ができず、そしてそれがないといくら技術があっても道具が使えても創作は出来ない。自分は楽器も弾けるし、聞いた音楽を理論的に解析する技術もある。しかし才能が無い。才能がないというより、今は出し切って空っぽになったというべきでしょうか?

夏休みの宿題は、音楽を沢山聴いて、感動する事。それだけじゃなくて、漫画でも映画でも小説でもいい。創作意欲を掻き立てる経験を沢山ストックする事としてみます。

自己紹介

始めてブログをご覧の皆様に、改めて自己紹介します。

自分はKLADLE(クレイドルと読む)というバンドでギターを担当している
IZUMIと言います。

ステージネームは大体本名だったりします。昔所属していたバンドのリーダーの方にそれっぽいステージネームをつけていただき、そのままずっとそんな感じです。(笑)別に本名でも良かったのですが・・・

AIONのIZUMIさんとは一切関係ございません。かぶるのでそのうち漢字にするかもしれません。

KLADLEは福島県、郡山市を中心にオリジナル曲で活動している平均年齢は結構いってる社会人五人組のバンドです。

ステージでの立ち位置は上手で、一応このバンドのリーダーでもあります。もう一人のギタリストU-TAとともにKLADLEの曲を作ったりしています。

KLADLEは、日本語歌詞のJ-POP,J-ROCKに影響を受けたオリジナル曲をやっていて、僕が高校生の時にギターを始めた頃、ラルクアンシエルやLUNA-SEA,GLAYなどのバンドが流行っていたこともあって、そういった昔の古き良き・・・あの頃のコテコテにポップな歌もの音楽に近いと思います。つまり僕は30代前半ということがばれますね。(笑)

僕は高校生の頃にそれらのバンドが活躍してバンドブームの中でギターをはじめまして、大学生の時に上京し東京の大学でも軽音楽部に所属したりあちらのほうでバンド活動などをやっていました。故郷の福島に帰ってきて就職。その後は一切バンドや音楽をやらずに、20代最後の歳になんとなくまたやってみようかと思い活動を再開しました。

大学の頃はJ-POPよりも洋楽を聴かないとダサいという周囲の雰囲気がありまして(笑)馬鹿にされるのも嫌でHR/HMたったりUKロックを聴いたりしていました。

バンドもの以外の音楽も結構好きです。音楽にはそれほど好き嫌いは無いみたいです。ただしバンドや歌手のルックスにはあまり興味が無いため、そういう方向に興味関心がある人と
音楽の話はしたくないと思っていたりします。ロックバンドは見た目のかっこよさも重要だとは思いますけと・・・

KLADLEは原点回帰ということでJ-POPっぼいものをやっていますが、自分はほかにも色々やりたいなと思っていて、今後はちょっとマニアックな曲が出来るかもしれません。

好きなバンド、歌手などたくさんいるのですが、特別に特定の人やバンドをを強くリスペクトはしていません。オリジナルをやるときは特定のアーティストへの強すぎるリスペクトは障害になると自分は考えています。色々訳はあるのですがこのブログでそのうち熱く語るかもです(笑)

職業はちょっと特殊なIT関係でして、コーディングもやるプログラマー兼仕様設計もやるシステムエンジニアでもあります。ブラックなお仕事ですがバンドマンには相性がいいみたいです。
作曲とプログラム作成はちょっと似てるところもありますので・・・そしてバンド活動は会社経営にも似ているような気がするこの頃です。

そんな自分ですが、よろしくお付き合いください。










QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ