いづみ屋

福島県福島市に住んでいる普通の会社員の日記です。 趣味の音楽などの創作活動や仕事の事などを書いています。

サラリーマンIZUMI

那須どうぶつ王国

そういえば先週。那須どうぶつ王国にいってきました。

いろいろと仕事とか人生にお疲れのここ最近。かわいい動物で癒されようと思いまして。動物はめっちゃ可愛かったです。癒された。しかし残念ながらデジカメの充電を忘れてしまって写真は携帯のカメラで撮りました。

1347885888410

到着。見よ!この雄大な大自然を!っていってもちょっとお天気が・・
1347885886865
カピバラさんが寝てます。かわいい!

1347885905878
うさぎじゃないんです。でもなんだろ?

1347885897442
のんびりしてます。ぼっとしてます。意外と剛毛です。

1347885891589
わかりますか?レッサーパンダです。でも寝てます。ずっと寝てます。毎日が日曜日です。いいな

1347885915845
ペンギンです。やや肥満です。こころの友よぉ。

1347885919379
かわうそです。カピバラとは違ってちょこまか動きます。立った瞬間を激写。

1347885898699
誰かに似ている・・あいつだ。あいつに違いない。

1347885907397
羊の大群に襲われました。やめてーー!

1347885909523

なかなかこっち向いてくれないです。残念

というわけで、めっちゃ癒されました。たまには写真つきでUPしないとね。ブログは写真があるとより良いと思うので。

なんかKLADLE本体ページより充実している個人ブログになりつつあります。(汗)




新潟旅行

みなさまいかがお過ごしでしょうか?僕はお盆休みが今日で終わりです。
来週はまた平常どおりの会社員としての生活が待っています。

連休中は新潟に一泊旅行に行ってきました。
まずはマリンピア日本海へ

DSCF0021
くまじゃないです。ラッコです。左はクマかもしれません。

DSCF0020
敵です。エ●ァンゲ●オン発進!

DSCF0018
亀がいじめられてたので助けました。

DSCF0019
竜宮城へご招待

DSCF0017
熱帯魚の歓迎です。

1345281543261
宴会は新潟の地酒をのみながら、噂のノドグロをつつきます。

1345281542488
刺身も新鮮!最高ですか~最高です!


翌日はシーサイドラインをドライブ。寺泊へ向かいます。
DSCF0040
広い海! 絶景です。

DSCF0045
寺泊港へ到着。海鮮の町です。

DSCF0046
ウニとイクラ丼とカニ汁です。1850円成り。美味い

DSCF0047
このウニとイクラのボリューム!

というわけで、ラッコにも会えたし、イルカショーも可愛かったし、海の幸も美味いし地酒も美味い!
絶景の海。最高の中の最高な旅行を楽しみました。

新潟はまだまだ楽しいところが沢山ありそう。一泊旅行なので全部見きれなかったのですが、それはまた次回のお楽しみにしておきます。












お久しぶりの近況報告

もうすぐお盆休みだったりしますが、如何お過ごしでしょうか?

KLADLEとしてはつい先日4人になって初の練習、というよりミーティング的な事をしたのですが、僕自身が最近仕事で色々あってかなり精神的に消耗してしまい、バンドの事を考える余裕もなかったのですが、今後オリジナルをやっていく上で音源を配布してみんなに曲を知ってもらうところから始めましょう的なまとめだったように思います。

そういうわけで、しばらくKLADLEとしてのライブ活動は控えてレコーディングに集中するって事になります。

ここ最近の仕事での悩み。皆さんが知っているとおり僕がプログラマーというかシステムエンジニアというべきか、そういう職業でして、普通のIT関係のお仕事の人はもっと激務なわけですけど、普段は定時で帰りやすい環境ではありますが、残業をずっとしてました。仕様からコーディングに至るまで一人で完結する小規模なものですが、それでも普通の人間からすると考えられないくらいにとんでもない量のコードを書くわけです。

どこか不具合が出たら、そこを修正する。ところが修正すると別の部分に新たな不具合が・・

そんな永久に続くかと思われる負のスパイラル。デバッグ作業ははまり始めたら時間なんてあっというまに過ぎていきます。そして誰も助けてくれない。というより助けられないのです。自分で書いたコードを一番知っているのはすくなくとも自分ですし、自分しか出来ない事であり、それが仕事なわけです。

当時の自分としては頑張った・・つもりでも、一ヶ月もすればそれは最低のコードとなるわけで、仕様が悪い、設計が悪い。自分で過去の自分が完全否定されるという精神的な苦痛、顧客や上司に迷惑をかけているという精神的なプレッシャーなんかで、常識的な責任感や倫理観をもった人間であれば精神的におかしくなるのは目に見えてます。

今回、なんとか頑張って事態を収拾できたから良いものの・・破綻する一歩手前、というより予定された工数を上回ってしまったら頑張っても赤字なわけけで、ビジネス的にはまったく評価されない頑張りになってしまったという不始末。大人は頑張っても結果が出せないと評価されないのです。

歌手の氷室京介さんは、いつも自分には才能がない、いつ才能がなくなってもおかしくないといっているそうで、そのストイックに自分を追い込む姿勢は尋常でないと聞きます。彼ほどの才能をもってしてもそうなのは、やっぱり彼が一流のプロの歌手たる所以なのかもしれません。

僕は音楽が好きですが、プロを目指すというのはそういう事で、そういう苦しい事は嫌なので、自分の好きな事だけをやっていきたいから仕事は好きでない事をやって、趣味で音楽を続けています。

でも、好きでもない仕事でもやっぱり自分を否定し続けないといけないのなら、結局好きな事を一生懸命やったほうが良かったのかもなんて思ったりしますね。というより今の不景気な世の中、楽して儲ける方法なんて普通はないんではないのかなとも思ったりします。お金をもらって仕事を受けたら、その時点でその職業におけるプロであり、それは常に自分自身を否定し続けることでより高みに向かう苦しい行為でもあります。

僕はバンドの曲を多く作っていますが、自分自身の作曲した曲についてあまり評価していません。でも出来た当時は最高傑作だと毎回思うんですよね。でも一週間も経つと駄作に思えるという・・あれがダメ、これもダメ、こんなのはオリジナルじゃない、個性がない。二次創作だ。つまりパクリだ。

自分には才能がないのではないか?趣味なのにストイック過ぎてみんなに迷惑をかけているんではないか?とか色々思ったりします。オリジナルをやるというのは自分にとって苦しい事で、時々コピバンで楽しくやれれば趣味としては健康的でいいじゃんとか思うときもあるけど、自分でオリジナルをやると決めて仲間を集めたわけで、自分で言っておいて自分でやめたいなんて言うのはなんかプライドもあってしたくないんですよね。

仕事でも趣味でも、どちらも毎日楽しく、心穏やかに誰にも迷惑をかけずに過ごしたい。でもそうなるためには、今の自分では力が足りなくて、やっぱりもっと頑張らないといけないのです。

でも、今はちょっと疲れたので無理は禁物。お盆はしっかり休んでおきます。















そうだ。ライブを見にいこう。

ライブを沢山みたいと思ってます。自分の好きなプロのバンドやお友達のバンドではなく、自分があまり知らないアマチュアバンドのライブを、飛び入りで突然見にいったりしようかなと思います。もちろんお金払ってお忍びで。

バンドの動員を集める。簡単に言うけど、難しいですよね。でも、見ている人の気持ちを理解するには自分が見るほうになってみればいいんじゃないかというものすごく簡単な理屈です。

友達のライブも見に行きますけど、友達になってしまうと客観的な評価はできないので、あえてまったく知らない人が出演するライブに一人でいきます。一人ぼっちでさみしい思いをして、1500円とか払って、それで音楽を聞いて満足できる。ライブを見に来てよかった。また来たい。そう思ってもらえるライブができるバンドにならない限りは、やっぱり誰も行きたがらないと思うんですよ。永遠にお友達同士の好意に依存するようになるしかないわけでして。

美味しいラーメン屋さんになるには、全国のラーメンを食べ歩くのが一番です。それと同じように、人気バンドになるためにはたくさんライブを見てみるのがよいと思うのです。うん十万円のギターを買う金を使うより、その分沢山ライブを見に行ったほうが今の自分にとっては身になる気がします。

僕が最近思うことは、アマチュアバンドマンってのは、趣味の人であれプロ志向と言っている人であれ、本当にお客さんの側の目線でライブができているバンドって少ないんではないかと思ってたりするんですよね。自分も含めての話ですけど。僕私の主張は凄くあるんだけど、見ている側の都合や気持ちには鈍感だったり。

バンドも、ライブハウスも、お客さんである僕にたいして色々アプローチしてくると思います。もしかしたら何もしないで放置されるかもですけど・・自分がされて嬉しかったことは自分もやる。自分がされてウザイと思うことは自分もやらない。楽しかったらその理由を考えてそうなるようにする。つまらなかったらその理由を考えてそうならないように気をつける。

バンドをどうやって活動していったらいいのか、そのヒントが沢山あると思うんですね。






バンドマンの就職

仕事としては会社員、趣味はバンドで音楽家

それぞれ、違う事のようでいて自分の場合は微妙にリンクしている気がします。

仕事はプログラマー兼システムエンジニア兼無線技術者のようななんでも屋さん。この仕事についたのはなんとなく、子供の頃からなりたかったわけでもなく、就職活動の結果ここしか行き場がなかったので、取り敢えず・・といいいながらも勤続年数も結構いっていて、おそらく会社が倒産しないかぎりは骨を埋めることになるんでしょうね。

フリーターやりながらなんとなく、目的意識もなく東京でバンドマンなどやっていた僕ですが、将来を考えないといけないかなと思い、地元に帰ってきて就職した形です。もちろん実務経験もアルバイトしかなく、資格も学歴もないので就職活動はうまくいかず、でもブラック企業にはいるのも嫌だったので、派遣社員とかやりながら資格をとったりしました。パソコンとか簿記とか、今思うとあまり業務でやくにたってはいないですけど、でもまあ、履歴書は立派になりまして、基本新卒採用しかしない会社らしいのですが正社員に中途採用されました。

就職活動中は、ひたすら「意識の高い若者(笑)」として「スキルアップ(笑)」をやってました。結果として就職に成功したときはなにか達成感も感じましたね。口うるさい親もとりあえず一安心、親父も喜んでましたね。、

こうして取り敢えずの将来の見通しがたったところで、やっぱり友達と毎週飲みに行ったり、女の子と遊んだりとリア充な生活をおくりました。欲しいものも沢山買ったし、将来の不安も取り敢えずなし、あとはいい年になったら結婚して子供が生まれて・・

不安定な日々から一転、何もかもがそこそこ満たされてしまった平和な日々。それはそれでよいのだけれど、でも、何か忘れているような気がしたんですね。就職活動をしていた頃は、就職という最大の目的にむかって頑張っていたし、資格を取った時も嬉しかったし、お祈りメールを沢山もらって悔しかったし、色々大変だったけど、何か充実していた気もするのです。

お金を使えば楽しい事はたくさんある。でも、何か違う。自分の努力の末に、結果を得てこそ本当の充実感が生まれるらしい。ということで、若い頃に中途半端に終わってしまったバンド活動をやってみることにしました。

はじめは軽くコピバンでも・・が気がついたらこうなってました。のめり込み易い性格のようです。

オリジナル曲も作れるようになり、メンバーも集まり、ライブもできるようになった。ここまでで十分に満足なんだけど、まだまだみんなやりたいようなので、僕もやれるとこまでやろうかなと思っています。

プログラム設計なんかはバンドの曲の作曲に通じるものがあったりして、無線知識はエレキギターやアンプの動作原理と近い部分もあります。好きな事を仕事にしたわけでないけど、結構近いところに来たのかもしれないと思うこの頃です。

エンジニアの仕事ってのは最終的には個人のスキルに依存する形になることが多くて、一人で仕事をやっているような感じになってしまいますが、バンドはチームでの仕事を学べるところだとも思っています。

僕はバンドの他に起業や会社経営なんかにも興味がありまして、バンド活動はその練習みたいに考えると面白いかなと思ってたりします。みんなで力をあわせて事業を拡大していくのは大変だけど、得られる達成感というのもより大きいです。










QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ