いづみ屋

福島県福島市に住んでいる普通の会社員の日記です。 趣味の音楽などの創作活動や仕事の事などを書いています。

読書レビュー

R.P.G

久しぶりに読書感想文。宮部みゆきさんのR.P.Gを読みました。

 宮部みゆきさんの小説はたぶん一番たくさん読んでいて、とても好きなんですね。もちろん模倣犯とかも読んだのですけど、それはまた機会があれば書こうと思っています。

 小説は今64冊位読んでいて、そのほとんどがミステリー小説なんですが、それくらい読むと自分はミステリーでも、綾辻行人さんのような斬新なトリックがメインの新本格とかよりは社会派ミステリーが好きみたいです。

 今回のR.P.Gも社会派な要素があって、簡単なあらすじで説明するとネット上での疑似家族のハンドルネーム「おとうさん」が殺害されて、犯人は誰だってことになるわけですが、このネット上の「疑似家族」ってのがまさに社会派の部分でしょう。

 自分もミクシーとかツイッターとかアカウントを持っていますが、友達として登録する。「マイミク」とか「フォロー」とかそういうのも疑似友人って言えなくもない場合があったりしますよね。実はあったことないんだけど、友達ということにネット上ではなっているって事です。最近ではフェイスブックとか流行ってる見たいですね。セカンドライフはどこにいったのでしょう?

 僕は現在あまり熱心にSNSでの活動に取り組んでいません。ツイッターなんかは郡山に住んでいるバンド仲間とちょっとふれあいたい時に使ってますが、ミクシーなんてかなり放置ですよね。僕はネット上とは言っても嘘をつくのは良くないと思うほうの人間で、ネットだからこそ本音が出せる性質であるほうがオープンでよいと思っている人なので、ミクシーのような閉じた社会でマイミクさんに気を使ってあれこれ発言に制限されるような媒体には興味がないんです。

 ネット世界ってのはそういう本音をぶちまける事でスッキリする方法もあるけど、一方で現実世界ではなかなかできない事、いいところだけ見せ合って馴れ合うことも優しさを求める人にとっては必要なわけで、どっちがいいとか悪いとかじゃないと思うけど、こういう人同士は共生できない社会でもありますね。

 どっちかっていうと女の子は、かわいそうなアタシにみんな優しくして。だし、男の子は俺は本当は凄いんだぜ。強いんだぜとアピールするためにネットで頑張る傾向にあるように思います。僕はメンズなので後者でしょう。赤の他人に優しさを求めるほど現実の人間関係に恵まれてないわけじゃないけど、今の自分と理想の強い、立派な自分との間には差がありますし、そこをなんとかしたいと思っているのは事実でもありますから。

 話が逸れましたけど、そういうネット社会の人間関係ってのが結構面白く書かれていて、そこが一番の読みどころだったりします。どうして現実の家族がいるのに、まったく面識の無い人達と、「家族」になって、おとうさんとかお兄ちゃんとかおかあさんとか呼び合って仲良しごっこをするのか?

 そういえば昔、某バンド仲間とそんな事に似たような話をしたことがあるのを思い出しました。ママゴトってバッサリ切り捨てて無意味といってしまうほど、人間って冷たくもないと思うし、その優しさに救われる人だっているわけですから、意味はあるんだと信じたいですね。

 でも、そこはあくまでも疑似であることを心の隅に置いておかないとやはり良くもない。めんどくさくても、誰とも顔を合わせず生きていく事も出来ないのが人間ですし、眠くなるし腹も減る生き物である以上、現実を直視しないといけない部分がありますからね。

 ネットに限らず、人間関係ってものを色々考えさせられる内容です。僕らアマチュアバンドとかやっているような連中の人間関係ってのもちょっとネット的というか、そういう部分もあるかな。みんなで仲良く楽しい時間を過ごすためだったら、音楽ってのは手段であってなんでもいいわけですが、そこに半端にオリジナルやったりライブやったりして動員の事とかを考えると、自分達で楽しいってだけじゃすまない現実を直視せざるを得なくなっちゃったわけなんで。

 人間関係っていろいろ難しいですね。この小説を読んで思った事を話せる人がいるとなんかいろいろ深いお話が出来そうな気がします。機会があれば手にとってみてはどうですか?



 

ジョーカーゲーム

ジョーカーゲーム

柳広司さんの小説「ジョーカーゲーム」を読みました。

感想は・・すぱいのひとたちはすごいとおもいました。でもゆうきちゅうさはなにもかもおみとおしでもっとすごいとおもいました。おわり

はっきり言うと面白くなかったです。あー言っちゃった。

天地明察のときも辛口だったのだけど、やっぱりどう考えてもそういう気持ちになってしまうので、そういうことははっきり言わないとダメだと思いまして。

まず、何が不満であったか、そこが重要です。

僕は結局最後まで、彼らスパイとか、そのまとめ役である結城中佐がなぜ、スパイであるのか?またD機関というスパイ養成学校になぜ彼らがやってきたのか?その真意がまったくわからないのです。

知力も体力も、並外れた能力がなければ務まらず、尚且つ常に危険と隣り合わせのスパイ。それなのに、スパイは影であるから、世俗的な出世や経済的成功は一生望めない。それでもスパイになりたいという人間にあるのはただ、自分にしかできない仕事である。ただそれだけの自尊心だといいます。金、女、名誉、出世、そして過去
も未来も、何者にも囚われてはいけない。ただ現実だけをみろと。

佐久間という軍人は、士官学校の同期は親友であり、家族以上の家族である。彼らのためになら喜んで命を捧げる覚悟がある。と熱いわけです。軍国主義が間違いだったとしても、兵隊が戦う理由は家族、友人、故郷、国を守りたいと思う由でも理解できるし、一方で出世や名誉、金、女といった世俗的な利益であっても理解できます。単に銃を射って人を殺したいという動機だったとしても、異常者のもつ欲望や性癖という概念でなら理解できるわけです。

「何者にもとらわれるな」というのは簡単。でもこっちから言わせれば、「とらわれるから人間」であって、なぜそういう思想哲学に結城中佐がたどり着いたかの理由についてもっと詳細に説明するべきなのです。まさかそれすらも、「動機にとらわれるな」で解決しようとしているなら、それは小説家としての作者の怠慢です。

「とらわれるから人間」人間の自尊心、意識というものは、自分だけでは完結できず、周囲の他人との関係性の中でのみ存在するものである。というのが自分の持論です。家で引きこもっている人でも、ゲームの中で理想の自分を作り上げて他の架空の人物との関係性のなかに自分の存在意味をたしかめようとするし、ストイックなアスリートや芸術家も、金メダルだったりメジャーデビューだったり新人賞だったりと、名誉を目指し、その結果として周囲からの認知、賞賛を浴びたいという欲望のために生きているのでは?

このような困難な任務を成し遂げられるのは、自分だけ。という自尊心だけでスパイになる。人生そのものがゲームである。ということは、スパイは命をはったゲームに興じられる異常者だけである。そういう人もいるかもしれないのは否定しないが、そうなる過程というのが生まれつきだったのなら、それはオンラインゲームの世界に突然飛ばされて最強キャラの俺がモテモテで大活躍。というありがちなライトノベルと何が違うのか?むしろ後者のほうが主人公=自分と考えて読者の自尊心をみたせる分読んでいる人には有益であると思います。

いかに時代考証が正確であろうと、スパイの能力が凄かろうと、なぜ結城はそういう人物であるのか?なぜ及川はそうなってしまったのか?そういう部分をしっかりかけてないと、それ以外の全てにリアリティがなくなってしまう。登場人物が薄っぺらくて物語を背負いきれない。戦争を知らない読者には戦地の最前線などイメージのしようがない。登場人物の目線を通してしか、その気持ちは理解できないのです。

肝心のスパイの能力というのもあっと驚くような仕掛けというのもなく、文中で誇張されて書かれているように感じてしまいます。

最後に結城が唯一、人間らしい言葉を発します。そこだけは唯一、結城が生きている人間に見えました。だた、それにいたるまでの伏線というのがないので、やっぱり十分ではない。

散々いってますが、色々反面教師になる部分はあります。面白い小説は、面白いと書けば済むけど、面白く無い小説はなぜ自分がそう感じるのかを徹底的に考えてしまうからです。

以上 終わり。

姑獲鳥の夏

京極夏彦さんの小説 「姑獲鳥の夏」を読みました。

とにかく分厚い本で、活字アレルギーのある人には手にするだけでも冷や汗が出そうな本です。京極夏彦さんの小説はどれもそうで、このデビュー作はその中ではまだ薄い方ですけど・・

でも、これはかなりはまりました。すでに次作の魍魎の匣を本屋さんへいって買ってきているという始末。

一件おどろおどろしい表紙とタイトル、ミステリー小説なのか?それともオカルトなのか?読んでみたらわかりますが、この作品で主人公は幽霊や妖怪、心霊現象、超常現象といったものを否定もしないが肯定もせず、それを科学であるとも否定せず、肯定もしません。

「世の中には、不思議な事なんて何もない」

というわけですけど、その解明としての作者が作品を通して主張する世界観というのが面白く、その説明をきちんと理論だてて説明するために前半はいろいろ難しい問答からはじまります。

最初はこの本、やはり分厚くて難しい本であったかと思い、しかもAnoterのように必要ではあっても物語の進行がだらだらする展開はあまり好きでない自分には、失敗したかもと思わせるに十分だったのですが、それが物語が進行するにしたがってじわじわ効いてきて、気が付けばどっぷり「京極堂の世界」に取り込まれている。そんな感じです。

そして、ミステリーでありながら、ホラーです。怖いです。でもそれが解明不可能な超常現象だから怖いとか、呪いとかそういう得体のしれないものに対する壊さではなく、きちんと解明できるのに、その恐怖というのは変わらないのです。

これは京極夏彦さんの小説は全部読破せねば・・と思わせられました。
物語そのものの面白さと同時に、それを理解するための重要な概念の理解も知的好奇心や想像力を刺激します。

罪深き海辺

KLADLEのレコーディング用ガイドを作りながらブログ更新中です。

大沢在昌さんの小説「罪深き海辺」を読みました。

この小説は東京から遠く離れた架空の田舎町でのお話。田舎というと、自然が美しいとか、人が暖かいとか、いいイメージもあれば、村社会。よそ者に冷たい。とかマイナスなイメージもあります。

かなり前に北海道の夕張市が財政破綻したニュースがありました。全国の地方都市が、人ごとではないと大騒ぎしたのですが、その熱というのも喉もの過ぎれば・・地方が抱えている。もっというとこの国の行政のありかたそのものといった大きなテーマも含んでいます。

僕は福島県に住んでいます。福島県といえば田舎の代名詞というくらいの田舎です。中の人間としての田舎の風景と、一度東京に出て行った人間としての外側の人間としての目線。両方をもっている人間です。

僕が田舎に戻ってきた理由は、表向きには先祖から受け継いだ家や土地、墓などを長男として相続し、守っていくため、裏の理由は田舎が大嫌いで将来性もないと都会に出て行ったものの、結局どうにもならず人生に行き詰まってしまったからです。

東京にはホームレスの人が沢山います。彼らは田舎から仕事を求めて都会にやってきた人達が結構います。都会に行けば仕事がある・・だけど結局、田舎であろうと都会であろうと力も知恵もない人間はどうにもならないのです。僕は運良く、撤退できる場所があっただけで、彼らにはそういうものがありません。

学歴も資格も金もない。そんな普通の田舎の人間が、どうやって生きていくか。ヤクザになるか、原発を誘致するか?さてどうしましょう。




コンダクター

神永学さんの小説 コンダクター を読みました。

とても面白い。喋るとネタバレになっちゃうのであまり内容に触れたくないのですが、
何か面白い小説はないかと探している人には個人的には是非読んでもらいたい小説です。

沢山小説を読んでいく中で、自分の好みとかがわかってきた感じもします。
神永先生の小説はこの作品が初めてですが、今後もたくさん読みたいと思える作家さんです。

登場人物のそれぞれの思惑がすれ違い、最後に迎える破滅のラストシーンは芸術的です。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ