いづみ屋

福島県福島市に住んでいる普通の会社員の日記です。 趣味の音楽などの創作活動や仕事の事などを書いています。

雑記

飯野賢治さんが亡くなられましたが……


 飯野賢治さんが40代という若さでお亡くなりになったそうです。とても残念です。

 飯野賢治って誰?って人が多いと思いますが、世間ではゲームクリエイターとして有名です。代表作はDの食卓というタイトルです。太っててホリエモンを強面にしたような見た目ですが、世間に対する挑発的な発言と芸術性や知性を感じる作品の評価によって、ゲーム業界で一世を風靡した人です。

 ミュージシャンや小説家としても活躍していたようで、エリートであった幼少期から高校中退、フリーターを得て、反骨心丸出しのロックな生き方でクリエイティブな方向で成功を納める。漫画みたいなスーパーヒーローだったのです。

 彼が代表作[Dの食卓]で頂点を極めていた頃、自分は高校生でした。Dの食卓ももちろんやりましたし、その頃彼が書いた自叙伝も読みました。

 自分と父を捨てて出ていってしまった顔も覚えていない母親への愛情と憎しみ。同級生たちと同じ学歴エリートになれなかった挫折、コンピューターやバンド活動との出会い。高校中退、フリーターとして働きながら自分探しの旅、そして現在の成功とこれからの未来。

 有名人の自叙伝というのは、たいていかっこよく誇張される部分があるわけですが、当時高校生の自分にはそんなことはわかりません。今読んだらわからないけれど、当時の自分は衝撃を受けました。

 この人の人生は、まるで自分ではないのか?

 中学時代、姉に比べてあまりにも学業成績が振るわない自分を心配して親に学習塾に入れられたのですが、勉強の才能があったようで、成績は進学校へ行けるようになってきました。
 優等生の姉と同じように、進学校へ進み良い大学へ進み、親や先生の期待に応える事が自分の使命と考えながらも、劣等生時代からの友達との友情のために夜のゲームセンター通いを続ける。

 結果、高校受験に失敗。どうしても高校だけはいってほしいと母親に泣きつかれ、やむ無く定員割れの底辺一歩前の町外れの高校へ行くことにする。町外れの見知らぬ土地で、誰も知らない。友達もいない。もはやエリートですらない。同級生から誘われて仕方がなく始めたバンド活動くらいは楽しかったが、それ以外の時間は常にイライラしていた。出会う人全てにムカついていた。

 そんな頃に出会った飯野賢治という人の人生。全てが自分のように思えました。私は飯野賢治に英雄の姿を見たのです。

 残念ながら自分は飯野賢治のようなヒーローにはなれませんでした。いつの間にかこの人の名前すら忘れていました。世間の尺度で言うところの平凡な幸せを手に入れて、結構幸せてす。ですがあの頃を忘れる事はありません。そんな多感な時期に知った人です。

 飯野賢治さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 
 

  

安物ギター

久しぶりに実家に顔を出しました。

会社の近くにアパートを借りて住んでいるんだけど、実家は同じ市内でも駅前を挟んで反対側の外れにあります。

帰ろうと思えばすぐ帰れるけど、遠いから面倒。そもそも何か大きな用事でもないかぎり行かなくてはいけない理由は無し。こっちは多忙な中年会社員で、あっちは祖母とフリーターの父と専業主婦の母、そして自宅警備員の弟しかいないんだから、ときどき実家の存在そのものを忘れてたりします。

最近色々やらなくちゃいけない事、しかし本音ではやりたくない事に追われまくって、どうにも気持ちが落ち着かない。でも実家に帰ると、そこには自分の部屋があって、自分の家族がいて、飯も風呂も勝手にでてくるわけで・・

遊んできました。自宅警備員の弟の安ギターと安エフェクターと安アンプで。

じゃーん

DSC_0178
フェルナンデスのストラトもどきです。9800円のところハードオフのジャンクコーナーで*****円
紫ではなくピンクっぽいラメです。弟が某アンシエルの大ファンなのです。ちなみにフライングVもラメってる奴持っています。こちらは本物の本人モデルだそうです。音はアレでした。


DSC_0179
エフェクターはZOOMのなんか分からない奴です。アンプもなんか分からない奴です。さすがのコストパフォーマンス。資金源は自宅警備の給料でしょうか。ZOOMのマルチといえば90年代の僕にとってはうんこ高値の華だったのですが果たして・・そしてビートルズのスコアをゲット。実はビートルズのコピバンに加入するつもりだった時期があるのです。

思ったよりいい音します。GT-10のプリセットより使える気が・・キコ・ルーレイロというメタルギタリストで超絶にピロピロが上手い人が作ったのだそうです。ヤングギター読者ならおなじみね。僕はロキノン派なので知りません。嘘です。ごめんなさい。もうしません。

さらにリズムマシンもついてます。ギターアンプからドラム音が・・スゲェ時代になったもんだ。フレーズを5秒録音できます。自分でバッキング弾いてループしながら一人セッションできちゃう。適当にアドリブで弾いてるだけでもう新しい曲がどんどんできちゃいますよね。

家族の顔を久しぶりに見て、ちょっと元気になった気がします。色々仕事の事で悩んでいるので、こういうあんまり物を深く考えない人達でもちゃんと生きていけると思ったら、妙に安心したりします。

俺たちの自分さがしは、まだはじまったばかりだ!
※いずみ先生の次回作にご期待ください。




今後

最近は某アントニオ工房のギターのお陰なのか、結構なアクセスを頂いていたりして大変嬉しく思っています。バンドはやめちゃったけどこれからもなんか面白い事書けるように頑張るので、たまにはよってみてくださいね。

今後の活動についてですけど、KLADLEはやっぱり自分の中では大きな意味合いのあるバンドだったし、現在は社会的責任というのを果たさないといけない事案が色々ありますので、ちょっとお休みしようかなと思ってたりします。

今後もコピーバンドや軽いセッションなんかで活動していきたいなとは思っているのですけど、オリジナルについてはまずは一人でこつこつやってみようと思ってます。バンドは嫌になったわけじゃないんだけど、KLADLEの場合はやっぱりメンバーに対する依存心みたいなものが捨てられなくて、自分自身で全部責任を負う状態にしないと音楽的に向上できないような気もしたので、まずは一人でやってみる。それが出来た上でまた誰かと一緒にやれるようになれればそれもいいかなと考える次第です。

Takahiroさんとそんな話もしたけど、他力本願ってのは一番良くないですよ。自分のやりたいことは自分の力で表現できないと誰にも伝わらないって事です。


やれんのかぁVol5

昨日27日は郡山Free Way JamさんにておこなわれたBSTさん主催のイベント[やれんのかぁ]にいってきました。

Phan★Tomさんバンドのギタリスト[シャーク]氏の付き人としてライブを見に行ったのですけど、人生初の当てぶりというステージでこれはこれでなかなか難しかったようです。でも結構たのしんでやれたそうです。次回もあるかな?あったらまた面白そうだそうです。

どうも頭痛もちらしく、打ち上げであんまり飲めなかったようで、今後からバファリン持参しないといけません。せっかくたくさんの人が集まる席で挨拶周りにもろくにできず、次回機会があればもっと愛想よくお付き合いしたいと思ってたりします。

今回出演するバンドさんに活動休止や解散するバンドさんもあったようで、案の定KLADLEの解散の件ってのも話にでるわけですけど、時期も時期なのでしょうがないですよね。

終わった事よりも未来に向かって。元KLADLEのメンバーも早速次の未来へと進んでいるようです。色々あって一人になったけれども、それは自分が自主的な理由で決めた道ですから、存分に楽しまないといけません。

今後もコピーバンドでセッション的に活動したり、オリジナルもどんどん発表出来たら良いと思っています。ネットも有効に利用したいですね。

作ってみた

最近は本ばかり読んでいましたが、とうとう40冊くらいになりました。
1350555400900

地震がおきたら大変!ってことで。本棚を作りました。

1350555402108

よしよし、まだまだ下にはいるぞ。目指せ100冊!ギターも置いときます。
ぬいぐるみがいっぱいついてますが女子コーセーが住んでいるわけではありません。
親父の部屋です。

現在40冊。100冊読んだら再び音楽を作ったり色々はじめようと思っています。色々な言葉に触れると、そこからまた新しい創造が生まれる予感にワクワクします。





QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ